人気ブログランキング |
ブログトップ

天文中年の部屋

tenmontyu.exblog.jp

ニコンデジタル一眼レフによるネイチャー系写真と天体写真

カテゴリ:機材について( 59 )

皆さん、こんばんは、天文中年です。

D300が我が家にやってきました。♪
ってことで、試写レポートです。

f0055257_1633681.jpg


f0055257_16333692.jpg


外観で大きく変わったのは背面3.0型液晶ですね。
とても大きく見やすいです。

f0055257_16345321.jpg


まずはアクティブDライティングです。

f0055257_16361346.jpg


輝度差の激しい被写体

f0055257_16364920.jpg


次は鳥偏です。

f0055257_16382127.jpg


ヒヨドリです。

f0055257_1639015.jpg


51点3Dトラッキングで
アオサギの飛翔です。

f0055257_16404012.jpg


アオサギの捕食シーン。

f0055257_16414532.jpg


ヒドリガモ♀

f0055257_16422964.jpg


ジョウビタキ♂

--------------------------------------
--------------------------------------

さて、お待ちかねです。
虫偏の登場です。
って言っても、虫が少なくて、探すのに苦労しました。(汗)

f0055257_16443730.jpg


ISO1600です。
十分常用可能な画質にノイズ特性だと思います。

f0055257_16461381.jpg


ISO1100
アクティブDライティング標準
スポット測光 +0.7EV補正

f0055257_16474473.jpg


ISO400
アクティブDライティング標準
スポット測光 +0.3EV補正

f0055257_1648307.jpg


執念でアオイトトンボ発見。(笑)

ISO200
日中シンクロ

f0055257_1650879.jpg


そうしているうちに、ホソミオツネントンボの越冬型発見。(笑)

ISO220
マルチパターン測光

f0055257_16515157.jpg


「もずのはやにえ」になった、ツチイナゴです。

ISO200
日中シンクロ

f0055257_16525486.jpg


最後に朝露に濡れたもみじで遊んでみました。

ISO200
日中シンクロ
-1.0EV

一昨日、キタムラより連絡があって、私の予約しているD3が
入荷するとの連絡を頂きました。♪
来週の11/30が楽しみです。

ちなみに私が予約した店では1台だけの割り当てだそうです。(汗)
発売日前に予約してよかったです。
それにしても、D3はD300と違ってかなり品薄って言ってますね。

また、D3を入手したらレポートします。
でも、虫はむりかなぁ。(汗)
by tenmontyunen | 2007-11-25 16:58 | 機材について
皆さん、こんばんは。

2年半ほど使っていた携帯を先日買い替えました。
FOMA F904iです。
ちなみに、もうじき旧機種になるそうですが。(笑)

f0055257_20281723.jpg


買ってから、知ったのですが一応300万画素のデジタルカメラが
付いてるみたいです。(笑)

f0055257_20295935.jpg

FOMA F904i

早朝でかなり暗かったので撮るのがとても難しいですね。
それに、ノイズも結構目立ちます。
でも、手ぶれ補正や光学ズーム、そしてオートフォーカスまで
付いています。(汗)

f0055257_20322457.jpg

FOMA F904i

日が昇ってきて明るくなると、ノイズも少し少なく成ります。

f0055257_20334656.jpg

D80+タム180

先ほどの同じ明るさの場所でD80+タム180だとこんな感じです。
携帯のカメラって考えると結構使えそうですね。

f0055257_20375694.jpg

D80+タム180
↑ちなみに明るい場所でのD80は無敵です。(笑)
by tenmontyunen | 2007-11-03 20:38 | 機材について
こんばんは、天文中年です。

今日は、会社帰りに、キタムラに寄って、SLIK PRO340DXのゴム突き部品
を貰いに行きました。

で、先週、ベルボンのELカマ645買ったときから、気になっていた
三脚を結局買って帰るはめに。(汗)

で購入した三脚はベルボンのULTRA MAX i mini です。

f0055257_22144289.jpg


ローアングル専用、いわば、虫専用の三脚です。
最大477mmから最低136mmの高さに対応していて、この手の
商品の中では、かなり高いところまで対応できる。三脚です。

最大のポイントは、ローアングル時に必要な設置面積が少なくて済む
のは、昆虫撮影のような場合には、小型三脚を開脚して使用するより
はるかに、設置面積が少ないのは虫マクロを撮ったことのある方なら
この三脚の便利さは解ると思います。♪

付属の自由雲台はQHD-51

f0055257_2223169.jpg


積載重量は1.5キロまでというカタログデーターですから、
D40+タム180なら、何とかいけそうです。
タム90なら余裕ですね。

で、私はクイックシュー派なので、QRA-635Lブラック
のクイックシューを一緒に購入しました。

f0055257_22263997.jpg


このクイックシューならELカマ645のクイックシューと共通ですから
三脚システムとしては、便利に使えると思っています。

f0055257_22281778.jpg


まずはD80にタム180Wです。
設置面積の少なさが中々良いです。
この状態でも、結構ブレずに撮れそうです。

f0055257_22305332.jpg


最大で使用した場合です。
狭い場所でも、この設置面積なら一脚とさほど代わらないスペースです。

f0055257_2234446.jpg


クイックシューをつけたところです。

まあ、とりあえず、明日、ELカマ645と一緒に使ってみて、感想をレポートします。

ちなみに価格ですが

ULTRA MAX i miniが12600円を6600円
QRA-635Lブラックが8400円を4400円で合計11000円でした。

で、ちなみに私の三脚バリエーションは


大型三脚
プロ 700 DX

f0055257_2240648.jpg



中型三脚
Velbon El Carmagne 645

f0055257_2241569.jpg



小型
Velbon ULTRA LUX i F
SLIK PRO340DX

f0055257_2244841.jpg

f0055257_2245293.jpg



超小型 
Velbon ULTRA MAX i mini
f0055257_22454625.jpg

by tenmontyunen | 2007-04-28 22:46 | 機材について
こんばんは、天文中年です。

今、サンヨン仲間(Mr.AERASさん、せんこーさん)で、サンヨンの三脚座が
弱いってことで、補強プレートを自作するのがひそかにはやってます。(笑)

ちなみに、私のサンヨンは割りときっちり三脚座のリングがしまるのか
そんなにブレに悩まされないです。
もっとも、撮影時には、雲台をフリーにして、左手でレンズ押さえて、
ボディを右手で持ち、おでこをファインダーに押し付けて撮ると
かなり低速シャッターでもブレないので、必要性は低かったのですが
もの作りは好きな方なので、一つ作ってみました。

f0055257_19343382.jpg


これが、外観です。
テスト撮影すると1/2秒でもブレなしです。(笑)
確かに効果ありますね。♪

f0055257_19354198.jpg


まあまあのできばえですね。♪

f0055257_19362777.jpg


ちなみに材質は、アルミが高かったので、8ミリ50幅の鉄板(フラットバー)です。
長さは170ミリです。

鉄の比重は7.8ですから
約530グラム
アルミにすると比重は2.7ですから。
約1/3の重さになりますから、どうしても本格的に作るのなら
アルミがお勧めですね。
ってことで、多分鳥撮りようには使わないですが、サンヨン+テレコンで
虫超望遠マクロには使えそうです。♪

ちなみに、穴を開けて1/4ねじのタップを切った後に
知り合いのめっき屋さんでクロームめっき仕上げしましたが
後で三脚用の穴位置を間違えてたのに気づいて、3個めっき後
にあけました。(爆)
by tenmontyunen | 2007-03-23 20:20 | 機材について
皆さん、こんばんは、天文中年です。

先週発注した現行サンヨンこと、AF-S 300㎜F4Dが来ました。♪
例によって、最近購入したD40レンズキットと記念撮影です。(笑)

シグマのAPOテレコン1.4倍EXDGは物理的に装着でき
AFも動きますが、被写体が暗い部屋の中では、極端に
AFが迷うようです。
オフ会で試した時のように戸外の時はも結構使えたのですが。

週末に試写してみて、AFが迷うようなら、TC-14EⅡを
発注しようかと思っています。

価格の確認にMrAERASさんの携帯に電話して確認させて
戴きました。
MrAERASさん、その節はどうもありがとうございました。

f0055257_214555.jpg


で、本体価格112000円でケンコーのPROデジタル77ミリプロテクターが
3000円の合計115000円でした。
ちなみに、旧型のサンヨンの下取りは30000円でしたから、吐き出しは
85000円です。

そうそう、下取りに出した、旧サンヨンは美品 49500円の値札が付いてました。
多分、週末キタムラに行けば、もう、売れてなくなってるかもです。(笑)

今度、また、せんこーさんとMrAERASさんの三人で、サンヨントリオ
でオフ会したいですね。♪
by tenmontyunen | 2007-03-15 21:06 | 機材について
皆さん、こんばんは。

まだ、D40を買ってなくて、高感度ノイズが気になっている人のために
実験しました。♪


被写体はありきたりの天体望遠鏡です。(笑)
ノーリサイズで幅1200ピクセルにトリミングしてます。(爆)

ISO200

f0055257_2282771.jpg



ISO400

f0055257_2284976.jpg


ISO800

f0055257_22111922.jpg


ISO1600

f0055257_22135532.jpg


私的にはISO1600も使える高感度ノイズ特性です。
特筆できるのは、高感度時の色のりの良さですね。♪
by tenmontyunen | 2007-03-10 22:25 | 機材について
こんばんは、天文中年です。

今日は一日、用事でばたばたしていました。
夕方になってようやく時間ができたので、キタムラへ
行きました。

D40xが発表になってD40がさらに安くなっているか聞くと
レンズキットが49800円です。

高感度ノイズが少ない600万画素のデジタル一眼レフの
D40は気になるカメラでしたので、、、

で、衝動買いしてしまいました。(笑)

f0055257_21293211.jpg


斜め正面

f0055257_213076.jpg


正面

f0055257_21302316.jpg


裏面

AFカップリングモーターなど簡略化されたカメラですが、
私の場合これからのシーズンはMFメインですから、
まあ、問題ないです。
ボディ単体だと44800円だったので、キットレンズは5000円のボディキャップ
だと思えばよい買い物です。
って言うか、このレンズ写りはそこそこ良いようですね。♪
まあ、超音波モーターですが、めちゃめちゃ遅いです。(笑)

で、試撮りにタム180でオオイヌフグリ撮りましたが夕方てしたので暗かったです。

f0055257_2135365.jpg


400万画素相当にトリミングしてます。
by tenmontyunen | 2007-03-10 21:34 | 機材について
こんばんは、天文中年です。

かねてより予約していたVR70-300が入荷しました。

f0055257_20461968.jpg


で、D80を使って撮ったのですが、ISO1600のままでした。(笑)

f0055257_20471916.jpg


大きさの比較に

左から
ニッコール AF-N300ミリF4s(IF)
シグマ    APO70-300ミリF4-5.6マクロスーパー2
ニッコール AF-S VR70-300ミリF4.5-5.6G

です。


f0055257_20502667.jpg


ズームを300ミリ側にすると似たような長さになります。
週末には頑張って作例撮ってこようと思います。
by tenmontyunen | 2007-02-09 20:52 | 機材について
皆さん、こんばんは、天文中年です。

今日は、最近製作した、改造マクロレンズについてレポートします。
もともとは昆虫写真家の海野和男先生が考案されたレンズです。

一年くらい前に電気蛙さんのホームページでも流行りました。♪
で、遅まきながら、私もこのたびチャレンジしました。
で、昆虫写真家の湊和雄先生にアドバイスを頂いてこのたび
完成いたしました。

使用したレンズは

ニコンのAF Zoom Nikkor 28~80mm F3.3~5.6G です。

f0055257_2194547.jpg


プラスチックマウントの安価な標準ズームレンズです。
レンズ自体は価格が安い割りには結構良く写るレンズです。

で、こいつの前玉をはずせばそれで出来上がりです。


f0055257_2112411.jpg


f0055257_21121857.jpg


レンズは硬くてなかなか外れにくいですが、何とかはずせました。
ガラスモールドの一体構造の前玉と4枚のスペーサーが入っていました。

で、拡大率はズームリングで調整できますが、ピントは前後の移動でピンを
合わせます。

で、実際拡大率は並みのマクロレンズを凌駕します。
で、大体ですが2倍くらいの拡大率があります。

レンズは前玉はずしただけですから、AF以外の自動露出も使用可能です。
ただ、レンズ前数センチでピントが合うレンズですから、被写体がカメラの陰に
なることが多いのでスピードライトがあると便利です。

で、内臓のスピードライトを活用する方法を湊和雄先生にアドバイスを頂きました。

f0055257_21354121.jpg


デフューサーです。

これをフードに付けると完成です。

f0055257_2136514.jpg


これの材質は薄いプラスチックに紙の繊維を混ぜたものです。

f0055257_21393038.jpg


で、ホームセンターでサンプルがおいてあったのでもらってきました。
で、それをレンズフードに合わせて扇型にカットしました。

で、実際の作例です。

f0055257_21421610.jpg


直径5ミリにも満たない小さな花です。
地面に寝転んで撮りました。♪

で、スピードライトの光のまわりぐわいを確認しておきました。

まずは正面から

f0055257_21451279.jpg


デフューサーにした、白いプラ製の障子紙が白く光っています。

横から

f0055257_21464833.jpg


横から見てもフードの真下まで光が回っているのが確認できます。♪

f0055257_2148585.jpg


斜め上から見ても光がよく回っていることが確認できますね。♪

で、後は、やっぱり虫撮りたいです。(笑)
by tenmontyunen | 2007-01-15 21:49 | 機材について
こんにちは、天文中年です。
正月休みも今日で終わりです、あっというまですね。
まあ、明日一日会社行けば、また3連休ですが。(笑)

で、年末にGX-8と一緒に購入したレンズのレポートが
まだでしたので、報告いたします。

f0055257_16415059.jpg


買ったのはかねてから欲しかった、ニッコールAF-S VR18-200F3.5-5.6G
です。行きつけのキタムラでかなり安くしていただきました。
ちなみに、発注して1ヶ月くらいで入荷しました。♪
多分、この納期は早い方だと思います。

で、このレンズの購入理由は、

1.旅行用の万能マルチレンズとして
2.VRを利用して、自分の撮影技術を補うような撮影方法を試す。
3.暗い場所で、超スローシャッターによる、新たな作品作り。

というのが、目的だったのですが、
3はなかなかそういうシュツエーションが簡単に思いつきません。(笑)
1.はなかなか旅行に行けてません。(爆)

ってことで、比較的安易に2を試してみました。(笑)

f0055257_16501863.jpg


イソシギです。(笑)
この鳥は結構ちょこまかと、早足で歩き回るので、流し撮りにはうってつけと
思って撮ってみました。
なんか、エイトマンみたいですね。(古っ!)(汗)

で、撮影はD200です。
ISO200 1/60秒 絞り開放です。

f0055257_16532753.jpg


鴨も狙ってみましたが、飛び立ち始めは速度が遅い割には、平行移動してないので
いまいち流し撮りの雰囲気に乏しいです。(笑)
大体1/60から1/100くらいが流し撮りには適当なシャッター速度だと
思うのですが、被写体の速度が速いほうが、成功した時の写真としての
流し撮りの雰囲気が良く出ますね。♪

f0055257_165776.jpg


止まっているイソシギを撮影してみました。
今度は、レンズの解像力のテストです。

200ミリ端 1/200秒 F5.6開放です。

高倍率ズームの望遠端開放としては、十分な解像感があると思います。
勿論、単焦点のサンヨンとかと比較しちゃうと厳しいですが、それでも
このレンズの利便性を考慮すれば、良い写りだと言えると思います。
ただ、このレンズのMFのピントリングはお粗末です。
MF派の私としましては、使って楽しいレンズではないですね。
あくまで、AFで使うレンズだと思います。
本当は、トンボの飛翔にって思ったのですが、かなり厳しいと思います。

f0055257_1735393.jpg
 

アオサギの流し撮りです。

1/60秒ですが、背景の流れ具合がいまいちですね。(笑)

f0055257_1754250.jpg


今度は1/100秒です。
背景の流れは殆ど感じられませんが、サギの羽は十分ぶれています。
やはり1/60秒くらいが適当かも知れませんね。♪

f0055257_1781916.jpg


これも、1/100秒です。
この時のチュウサギはかなりのスピードで飛んでました。
全体的に、少しぶれてしまったのと、ピンが甘いですね。(笑)

f0055257_1713567.jpg


同じく1/100秒ですが、背景が暗くて、サギが白で明るいので
明暗差が大きく背景が殆ど写っていませんね。
これでは、流し撮りにした意味がないですね。(笑)
で、露出補正を-0.7EVで撮ったのですが、まだ、白とびしてますね。(汗)

f0055257_17175516.jpg


これは、少し背景が明るいのですが、サギがぶれてますね。

で、やってみて、確かにVRはかなり効果があると思うのですが
それでも、流し撮りって言う撮影技術は難しいですね。
でも、何度かリベンジして、今年中に物にしたいと思っています。♪



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

携帯用画像です。

f0055257_17215926.jpg
f0055257_1722469.jpg
f0055257_17221089.jpg
f0055257_17221716.jpg
f0055257_1722235.jpg
f0055257_17224334.jpg
f0055257_17224910.jpg
f0055257_1723251.jpg
f0055257_1723642.jpg

by tenmontyunen | 2007-01-04 17:20 | 機材について