ブログトップ

天文中年の部屋

tenmontyu.exblog.jp

ニコンデジタル一眼レフによるネイチャー系写真と天体写真

カワセミの春

都市公園のカワセミはまだまだ健在です。

f0055257_19382023.jpg


D300+VR300F2.8G+TC-17E2
ISO400

f0055257_19385861.jpg


ISO400

f0055257_19392851.jpg


ISO800

f0055257_1940136.jpg


ISO320

雄と雌のカップル飛行です。
残念ながら、雌にしかピントが来ていませんが。(笑)

f0055257_19411944.jpg


カワセミ♀
まるで、クロールで泳いでいるみたいに見えますね(笑)

f0055257_19421354.jpg


雌が雄に向かって飛んでいるように見えますが。
雄の横で飛び込みの水浴びをしていただけです。

交尾のシーンは残念ながら見れませんでしたが、この2羽は間違いなくカップルだと思います。
カワセミの春を今年も見れるといいのですが。

f0055257_19441154.jpg


ISO6400

最後はおしっこシーンです。
流石、男の子、思い切ってこちらに向かって飛ばしました。(笑)
暗い場所での高速シャッター(1/1000s)で感度が上がり過ぎたのが残念でした。

f0055257_21391659.jpg


携帯電話のカメラ F904i (300万画素)。。。(笑)

そうそう、この日はプレスポではなく無謀にもビアンキで都市公園に行きました。
ビデオ雲台付き三脚にVR300F2.8G+D300+TC-17E2は前傾姿勢で背負うと
想像通りきついですね。(汗)
次からは絶対プレスポですね。(笑)
まあ、やはり、ロードは走りに徹する部分を感じるし、プレスポの様なクロスはクロスの良さが
あると改めて認識できました。
それから、プレスポのサドルのゲル入りサドルカバーは、ビアンキのサンマルコ ポンザパワーと比較すると
とても、やわらかくふかふかのベットのように感じます。
ビアンキに乗る前はまだ、硬いと思っていましたが、私のお尻もようやく硬いサドルに慣れてきたのかも
知れませんね。
[PR]
by tenmontyunen | 2010-04-01 19:46 | 野鳥写真