ニコンデジタル一眼レフによるネイチャー系写真と天体写真


by tenmontyunen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

昆虫の顔

今日は昼に予定があって、早朝と夕方に少しだけ撮影する時間が取れました。

f0055257_1905542.jpg


D90+Σ180mmF3.5macro+Σテレコン1.4EXDG
オンブバッタ♀

虫の顔をアップで撮るためにテレコンを使ってみました。
シグマのレンズにシグマのテレコン相性は良いはずだか、テレコンなしで解像度を比べると
タムロンが解像力が上に感じる。
ただ、タムロンは若干色収差があります。

f0055257_1952959.jpg


キイトトンボ♂
このトンボは腹が太くて少しバランスの悪い体系です。
正面から撮る方がステキと思うのは私だけでしょうか。(笑)

f0055257_19144813.jpg


オンブバッタ♂♀

色違いのカップルを見つけた。
このバッタはとてもひょうきんな顔つきだと思います。

f0055257_19145926.jpg


ショウジョウトンボ♂とチョウトンボ♂
どちらも、そろそろシーズンが終わりに近づいています、数も随分少なくなりました。

f0055257_19151037.jpg


今日は風が無かった、ホバリングしないギンヤンマはとても歩留まりが悪いですね。
無理やり撮っても良いのは撮れませんね。(汗)
[PR]
by tenmontyunen | 2010-08-28 19:12 | 昆虫写真
今日はテレコンなしのVR300F2.8+D300でギンヤンマの撮影をして見ました。

f0055257_19474386.jpg


VR300F2.8+D300
ギンヤンマの産卵飛行

f0055257_19482438.jpg


VR300F2.8+D300
花がらみのギンヤンマの連結産卵

f0055257_1949744.jpg


チョウトンボ♂
VR300F2.8+D300
シーズンもそろそろ終わりですが、まだまだチョウトンボは沢山います。

f0055257_19503255.jpg


オンブパッタ♀
D90+シグマ180マクロ
ありがちな構図ですね。(笑)

f0055257_19514930.jpg


アオモンイトトンボカップル
D90+シグマ180マクロ

f0055257_19523029.jpg


GXR+P10
同じ被写体をGXRで撮るとこれだけ被写界深度が違います。
解像力はコンデジの10倍の高倍率ズームにしては健闘してますね。

f0055257_19541824.jpg


f0055257_19542747.jpg


ルリモンハンバチ
GXR+P10
[PR]
by tenmontyunen | 2010-08-22 19:55 | 昆虫写真

VR300F2.8で昆虫撮影

D300+VR300F2.8+TC-17E2で飛翔撮影してみました。

f0055257_5452075.jpg


手前に草が被ってしまいました。(汗)

f0055257_5462025.jpg


画角が狭くて入りきらない。(笑)
っていうか、テレコン外す方が良いですね。AFも速くなるし・・・・

f0055257_548926.jpg


ネキトンボの羽化後
この日は、他のネキトンボが既に連結産卵してました。

f0055257_5494288.jpg


ギンヤンマの単独産卵
普通は雄が連結して産卵するギンヤンマですが、他の雄に攻撃されたのか不明ですが
雌単独の産卵は初めて見ました。

f0055257_5515871.jpg


本来のギンヤンマの産卵風景。
敏感になっているギンヤンマの連結産卵をストレスを与えずに撮るには500ミリ(換算750ミリ)
の威力を発揮できます。

f0055257_5542536.jpg


蝶の飛翔は広角接写では比較的撮り易いと思うのですが、超望遠は被写界深度が浅くて
歩留まりが悪いです。
[PR]
by tenmontyunen | 2010-08-17 05:56 | 昆虫写真
今日も朝からギンヤンマの交尾、産卵が活発でした。
産卵飛行を撮ろうと、VR300F2.8+TC-17E2+D300でフィールドに出ました。

久しぶりサンニッパを担ぐと重い・・・
この調子だと、ロクヨンなんてもう担げないかもです。(汗)

f0055257_1955241.jpg


VR300F2.8+TC-17E2+D300の組み合わせはこの手の撮影には最適ですね。
小口径超音波モーターとは比較にならない速さでギンヤンマ飛翔をキャッチできます。

f0055257_19565388.jpg


35ミリ換算750ミリは敏感なギンヤンマにストレスを与えずに撮れます。

f0055257_19574735.jpg


今年はフィールドの池の菱が少なくて睡蓮が多くて、いまいち背景が美しくないのが残念です。

f0055257_1959135.jpg


蝶もマクロレンズ風に撮れます。
[PR]
by tenmontyunen | 2010-08-14 20:00 | 昆虫写真

カツ食べに伊賀上野へ

今日は早朝から、大正池に行きました。
大正池に着くと、ジュピターパパさんからメールがありました。
一足先に峠に着いたとのこと。
休憩なしで、そのまま峠に行ってジュピターパパさんと合流
伊賀上野に美味しいカツを食べに行くことになりました。(笑)

f0055257_20515286.jpg


右のグラフは行きの分です。
10時に伊賀上野に到着しましたが、目的のお店は11時半から営業なので
上野城へ行きました。

f0055257_2054373.jpg


私のビアンキとジュピターパパさんのFP-7
ここまで片道88.4キロです。

f0055257_20561888.jpg


一応、上野城も撮りました。(汗笑)

f0055257_20571436.jpg


城の写真がしょぼいので、改めて石碑の前で、先ずはジュピターパパさん。

f0055257_20584583.jpg


そして私。(笑)

f0055257_20592434.jpg


11時半になったので、今日の目的のレストランです。
地元でも人気があって満員でした。♪

f0055257_2103727.jpg


色々迷いましたがひれカツ定食にしました。
おなかいっぱいです。

f0055257_2114551.jpg


ロングライドは100キロ前後ばかりだった私には流石に伊賀上野は遠かったです。
往復170キロはキツイですね。(汗)
行きはケイデンス100ちょっとでコンスタントに走っていましたが、帰りに坂を登った時に
ついに足がつりました。(汗)
だましだまし走りましたが、ケイデンスは80くらいしか回せません。
何とか木津まで戻りましたが、ジュピターパパさんとの速度差があるので
ここでジュピターパパさんと別れて、パパさんは嵐山木津サイクリングロードで
私は、R163で戻ることにしました。
R163も2箇所長い坂があってつりそうな足をかばいながら何とか帰りました。
自宅到着は午後4時50分

今日は燃え尽きました。(汗笑)

まあ、流石ジュピターパパさんはロングライドには長けています。
100キロちょいだと全然問題ない私の脚も170キロは堪えました。
まだまだ、鍛え方が足らないですね。
まあ、ポチポチトレーニングして頑張りたいと思います。

ちなみに本日の消費カロリーは6100キロカロリーとアトラスに表示されてました。
ちなみに登りの合計は1700メートルです。(汗笑)
[PR]
by tenmontyunen | 2010-08-13 21:19 | 自転車

台風4号が過ぎて

今日は、台風4号が過ぎて、雨が上がってから、いつものフィールドに行きました。
このフィールドは藪蚊は少ないのですが、流石に雨上がりは別で、電子蚊取+虫除けスプレーでも
5箇所も刺されてしまいました。(汗)

f0055257_2033164.jpg


ブルーの綺麗な蜂ですね。
D90+シグマ180mmF3.5マクロ

f0055257_2051156.jpg


ホシホウジャクもよく見るようになりました。
季節は確実に秋に向かってますね。

f0055257_2062125.jpg


ギンヤンマの連結産卵
今、フィールドではギンヤンマフィーバーで、10頭以上のギンヤンマが所狭しと飛び回っています。

f0055257_2074031.jpg


今日は風が無かったので、あんまりホバしませんでした。
まあ、とりあえず定番のギンヤンマの飛翔カットです。(笑)

f0055257_209867.jpg


先週のような花どまりではないですが、ギンヤンマの止まっているシーンって普通は
こんな感じです。

f0055257_20103329.jpg


産卵場所を求めて飛ぶ、ギンヤンマのカップル。

f0055257_20112767.jpg


今年はウスバキトンボが少なめですね。

f0055257_2012135.jpg


ホバしないので、無理やりMFで撮影です。
やっぱし、少しピン甘いですね。

f0055257_20132167.jpg


シオカラトンボ♀が産卵してました。
これは、感MFです。(笑)

f0055257_20144629.jpg


アオモンイトトンボ♂がクロイトトンボを捕食してます。
普通はクロイトトンボの方が強いのに、弱っていたのかも知れませんね。
まさに、弱肉強食の世界ですね。

f0055257_20163851.jpg


キリギリス♂
葉影だったので、内臓スピードライト使用です。
1/25マニュアル発光

f0055257_2017519.jpg


光物の甲虫は、内臓スピードライトで、光沢強調します。
1/16マニュアル発光

f0055257_20191791.jpg


ベニシジミがコガネグモに捕らえられていました。
これこそ、弱肉強食ですね。
[PR]
by tenmontyunen | 2010-08-12 20:20 | 昆虫写真

武田さん夫妻と昆虫撮影

今日は、久しぶりに昆虫撮影です。
ニッコールクラブで知り合った武田さん夫妻と一日昆虫撮影を楽しみました。

f0055257_203987.jpg


先ずは私の自宅近隣のフィールドです。
いきなり、変な顔が登場しました。(笑)

D90+シグマ180mmF3.5HMS マクロ

f0055257_2045083.jpg


正体はキイトトンボです。

f0055257_2054483.jpg


ツチイナゴの幼虫

f0055257_206129.jpg


セセリチョウ

早朝6時過ぎからの撮影ですが、8時を過ぎると暑くなって来たので、直ぐ近くの
オニヤンマのポイントに移動しました。

f0055257_2075933.jpg


武田さん夫妻

f0055257_2082784.jpg


そして、私です。

自力本願の石碑の前で記念撮影です。
このポイントで50分ほどオニヤンマを待ちましたが、2回程素通りされただけで
石碑には申し訳ないですが、昆虫撮影はやっぱり昆虫次第なので、やっぱり
他力本願ということになるのでしょうね。(汗笑)

リコーGXR P10

この場所はとても涼しくて気持ちのいいところですが、3人とも撮影する気が、満々でしたので
次のポイントに移動です。
車で30分ちょと位の場所です。

f0055257_2016197.jpg


このフィールドではチョウトンボが沢山飛んでました。
D90+シグマ180mmF3.5HMS マクロ

f0055257_20172566.jpg


180マクロだとF11位は絞った方が良いのですが、背景がうるさくなる場所では
難しいですね。やはり、被写界深度不足ですね。(汗)

f0055257_20195615.jpg


トンボといえはやはり、飛翔写真を撮らないと気がすまないので・・・・(笑)

D300+AF-S300mmF4D
シグマの180マクロはAFが迷うので、こういう撮り方にはやはりニコンのレンズが
良いですね。♪

f0055257_20223691.jpg


2枚ともノートリです。もう少し引けたほうが良かったですね。(笑)

f0055257_20242333.jpg


この時期、やっぱりギンヤンマです。
風もすこしあって、ギンヤンマ撮影日和でしたが、この個体はサービスが少し悪かったです。

f0055257_20265100.jpg


この辺は、もう少し涼しくなってからリベンジですね。

f0055257_2028736.jpg


ギンヤンマの連結産卵
中々いい場所でやってくれないです。

f0055257_20292816.jpg


サービスの悪いギンヤンマでしたが、一度だけサービスしてくれました。♪
トンボは花には止まらないのですが、この手の花だと止まれるので
でも、中々こんなに抜けた場所に止まってくれるなんてラッキでした。

このあと、遅めのお昼を武田さん夫妻と食べて、写真、昆虫談義に花が咲きました。♪
特に、ニッコールクラブの内輪の話はとても盛り上がりましたが、残念ながら
ここには書くことが出来ません。(爆)

今日はとても充実した一日で楽しかったです。
最後に、武田さん夫妻ありがとうございました。
また、昆虫撮影に行きましょうね♪
[PR]
by tenmontyunen | 2010-08-08 20:33 | 昆虫写真
買って直ぐに少し疑問があったアトラスとサイコンの計測結果について調べて見ました。

毎日のトレーニングコースで計測しました。
この季節は暑いので、最近は少し短めですが。(汗笑)

比較対照のサイコンはキャットアイのCC-RD200とユピテル アトラス
ASG-CM11です。

f0055257_2194223.jpg


ATLASTOUR(ユピテルのPCソフト)にデータを読み込ませると

距離9.0km 最高速度51km/h 平均速度23.48km/h

と表示されます。
しかし、ATLASTOURにデータを落とす前に、ASG-CM11の表示をみると
平均速度は24.5km/hの表示になっていました。
何故、差があるのか不明です。
ひょっとするとソフト(ATLASTOUR)のバグかも知れません。

CC-RD200の方は

距離9.05km 最高速度49.5km/h 平均速度25.0km/h

となりました。

ちなみに走行中の速度は、CC-RD200 が30km/hの時
ASG-CM11は29.5km/hとなってます。

この二つのデーターを見比べると許容範囲とは言え、結果に矛盾が生じています。

双方の距離の差は誤差範囲で、コースの行程差を考えると、懸念されていた坂道での距離計測は
行程差を考慮されたもの思ってよいと思います。

ASG-CM11のサンプリングは1秒単位が最小の設定ですが、コースの精度は数メートル以内の
精度再現されていて、かなり正確だと思います。

f0055257_21312981.jpg


同じ場所の航空写真モードです。
現在は、高速道路の第二京阪とその側道とさらにその横に歩道と自転車道が設置されています。
軌跡は自転車道を通っています。
まあ、航空写真が古いので、凄いところを走っているように見えますが、とても走りやすい
自転車道です。


残念なことに、ソフトの地図が今年春に開通した第2京阪に対応していないのが残念です。
ソフトのバージョンアップに期待しています。
[PR]
by tenmontyunen | 2010-08-04 21:34 | 自転車
今日は大正池方面に早朝ホタ゜に行きました。

f0055257_17412422.jpg


朝6時で既に25℃・・・・先が思いやられますね。(汗)

7時くらいに大正池について、小休止していると

f0055257_1915676.jpg


かっこいい、ジャージにかっこいいバイクの人が登ってきました。
初めは気がつきませんでしたが、ジュピターパパさんです。(笑)
記念撮影後ろ姿で登場してもらいました。(笑)

f0055257_17483573.jpg


勿論、私のビアンキとジュピターパパさんのFP-7もちゃんと記念撮影です。

f0055257_1934683.jpg


大正池は峠の2/3なので、3キロ先の峠まで峠でもう一度記念撮影です。

ここは、最後の登り200メートルがそこそこきついです。

f0055257_1963296.jpg


大正池付近のデータを拡大しますとこんな感じです。
緑色が速度で、青色が斜度です。
峠は標高400メートルちょとです。

峠につくと、ジュピターパパさんが、信楽へ行こうというので、行くことにしました。

f0055257_17561559.jpg


狸の焼き物の前で記念撮影。♪

久しぶりにジュピターパパさんと走ってとても楽しかったです。
贅沢を言えば、この暑さなんとかならないものでしょうか。(汗)

帰りは宇治川ラインを通って、天瀬、宇治、八幡経由で帰りました。


大正池から信楽、そして宇治川ライン

f0055257_198505.jpg


そして、全工程です。

で、やっぱり9時過ぎると何処へ行ってもとんでもなく暑いですね。
宇治川ラインでジュピターパパさんのサイコンで温度を見ると41℃
二人して、見なけりゃ良かったって声を揃えて言いました。(笑)

いつもは単独走行がメインなのですが、ロングライドだと2人で走ると
とても楽しかったです。

最後にジュピターパパさんありがとうございました。
そして、お疲れ様でした。
[PR]
by tenmontyunen | 2010-08-01 17:59 | 自転車