ブログトップ

天文中年の部屋

tenmontyu.exblog.jp

ニコンデジタル一眼レフによるネイチャー系写真と天体写真

<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

先週のシルバーウィークの最終日にトンボフィールドに行きました。
お目当ては、ネキトンボの産卵飛行とベニイトトンボ、そしてシーズン
最後ともいえるギンヤンマです。


f0055257_190544.jpg


D90+AF-SED300mmF4D
F4 1/1250s
勿論手持ちです。
今回はギンヤンマのサービスがとても良く、500カットくらいこの程度
写真が撮れました。
とてもラッキーでした。

f0055257_1931842.jpg


解像度の高い写真が撮れましたので、全て幅1600ピクセルの大きなサイズ
でアップしました。
写真は全てノートリミングです。

f0055257_1942963.jpg

f0055257_1944915.jpg
f0055257_1945764.jpg
f0055257_1951382.jpg
f0055257_1952536.jpg



f0055257_1973446.jpg


ピクセル等倍でトリミングするともうちょっとで複眼が写りそうです。
目標はやはり複眼分離する飛翔写真です。
[PR]
by tenmontyunen | 2009-09-26 19:08 | 昆虫写真
久々に天体観測に行ってきました。
晴れたのは久しぶりです。
VR600F4での天体写真ははじめてです。

とりあえずは、軽いレタッチだけです。
後日、ゆっくりと、条件を変えて同じ被写体を数カットずつ撮影しましたので
ステライメージで、もう少し美しいコンポジット画像で出しなおしますね。♪


f0055257_8385450.jpg


オリオンの大星雲 M42
F4 58秒 ISO+1600

f0055257_8441262.jpg


アンドロメダ大星雲 F4 30秒 ISO8000

f0055257_8453556.jpg


M33 F4 30秒 ISO8000

f0055257_8462216.jpg


M27 亜鈴状星雲 F4 40秒 ISO3200

f0055257_8475959.jpg


M45 プレアデス星団 (昴)
F4 30秒 ISO6400

f0055257_8494943.jpg


ペルセウス2重星団

f0055257_851667.jpg


M1 かに星雲
f4  58秒 ISO1600

f0055257_8541039.jpg
 

撮影機材

ビクセンSXW VR600F4 D3

f0055257_8554730.jpg



昨夜は風も強く、雲の流れが速かったので、短時間の露出を行いました。
本当はもっと感度を抑えて、露出時間を長く取りたかったので、メシエマラソン
のようになりました。
[PR]
by tenmontyunen | 2009-09-20 08:58 | 天体写真
今日は新しいフィールドでトンボを撮影しました。
入り口には、アサガオが植えられています。

f0055257_19302095.jpg


DX10.5+D80

f0055257_19305535.jpg


シオカラトンボ♀の産卵です。
D90+シグマ180マクロ+1.4倍テレコン

f0055257_19321685.jpg


誤 アキアカネの産卵飛行
正 ネキトンボの産卵飛行

D90+シグマ180マクロ+1.4倍テレコン

f0055257_19325363.jpg


誤 アキアカネの交尾飛翔
正 ショウジョウトンボの交尾飛翔

D90+シグマ180マクロ+1.4倍テレコン

f0055257_19334883.jpg


ここからはテレコン無しです。
ヤマトシジミ
D90+シグマ180マクロ

f0055257_19361176.jpg


ホシホウジャク
D90+シグマ180マクロ
ISO2200 1/1250 F4
流石にISO2200はノイズが目立ちます、おまけに若干ぶれてます。(笑)
ホシホウジャクを撮影中に、デジスコおばさんに久しぶりにお会いできました。
以後、二人で撮影を楽しみました。♪

以後はテレコン無しで撮影です。

f0055257_19403230.jpg


アオイトトンボです。
低い場所に止まっているので、ベストポジションで撮る事が中々出来ません。
デジスコおばさんもかなり粘って、苦しそうな体勢で頑張っていました。♪

f0055257_19431576.jpg


誤 アキアカネ♂
正 ネキトンボ♂

f0055257_19443299.jpg


ギンヤンマ♂
ギンヤンマの飛翔を狙っていたのですが、虫取りの子供たちに阻まれました。(笑)

f0055257_1946246.jpg


ベニイトトンボ♂

下で雌が産卵しているのですが、低くカメラを構えることが出来ない場所でしたので
いっそうのこと、おもいっきり雌をぼかして撮りました。

f0055257_19483760.jpg


スイレンとベニイトトンボ♂
内臓スピードライト使用

f0055257_19493254.jpg


アオイトトンボ
カメラとトンボの角度が少し狂っていて、トンボ全体を被写界深度内に入れられませんでした。

デジスコおばさん、今日はとても楽しかったです、またフィールドでお会いするのが
楽しみです。

トンボ写真家の先生から正しい種名を連絡頂きました。
間違えて記載したことをお詫びして、訂正いたします。

撮影した画像をよくチェックすれば良かった反省しております。
私は基本的に、アカネ系とか赤とんぼという具合に大まかな
物でなくちゃんとした種名で記載したいと考えておりますが
実際には、まだまだ知識不足で、間違えることも多いですが
頑張って勉強して正しい同定が出来るようになりたいと思っております。
このブログを見てくださっている方々にはご迷惑をおかけしますが
そこは、長い目で見守っていただけるとありがたいと思います。
また、種名が間違っていると思われる場合は遠慮なくご指摘いただければ
幸いです。これからも宜しくお願いいたします。
[PR]
by tenmontyunen | 2009-09-13 19:51 | 昆虫写真
現在メインで使用しているPCは自作してほぼ3年になります。
途中、本体ケースの交換、HDDの高容量のものとの交換
と小改良はしてきましたが、今回は大幅にアップグレードしました。


f0055257_5591240.jpg


マザーボード ASUS P5Q
CPU      intel core2quad Q9550 2.83GHz
メモリー    DDR2 800 2GB×2枚

当初はCPUのみの交換のつもりでしたが、前のマザーである
P5Bはベーター対応とは言え、Q9550が使えるとASUSのHPに
掲載されていたが、組んでみると動作が不安定なのでマザーと
メモリーを一新する羽目になりました。(汗)

f0055257_64976.jpg


流石にcore2duoE6300からcore2quad Q9550へのアップグレードは
パソコンのパワーアップの度合いも十分体感できてとても快適です。
PCは毎日使う道具なので、投資し甲斐があると思います。

最後にHDベンチのデーターを

★ ★ ★ HDBENCH Ver 3.40 beta 6 (C)EP82改/かず ★ ★ ★
M/B Name
Processor Pentium III 2833.06MHz[GenuineIntel family 6 model 7 step A]
Processor Pentium III 2833.06MHz[GenuineIntel family 6 model 7 step A]
Processor Pentium III 2833.06MHz[GenuineIntel family 6 model 7 step A]
Processor Pentium III 2833.06MHz[GenuineIntel family 6 model 7 step A]
VideoCard Radeon X1650 Series
Resolution 1920x1080 (32Bit color)
Memory 2097,151 KByte
OS 5.1 (Build: 2600) Service Pack 3
Date 2009/09/07 23:07

Intel(R) ICH10 Family 2 port Serial ATA Storage Controller 2 - 3A26
プライマリ IDE チャネル
ST3320620AS
Hitachi HDT721010SLA360

Intel(R) ICH10 Family 2 port Serial ATA Storage Controller 2 - 3A26
セカンダリ IDE チャネル
Hitachi HDT721010SLA360
Hitachi HDT721010SLA360

Intel(R) ICH10 Family 4 port Serial ATA Storage Controller 1 - 3A20
プライマリ IDE チャネル

Intel(R) ICH10 Family 4 port Serial ATA Storage Controller 1 - 3A20
セカンダリ IDE チャネル
HL-DT-STDVDRAM GSA-H12N UJ12
HL-DT-STDVDRAM GSA-H10N JL12
MARVELL Virtual Device 1.00

ALL Integer Float MemoryR MemoryW MemoryRW DirectDraw
185586 802951 810556 417484 201830 426905 59

Rectangle Text Ellipse BitBlt Read Write RRead RWrite Drive
91200 23780 23260 95 100688 94902 32757 45490 G:\100MB
[PR]
by tenmontyunen | 2009-09-08 06:07 | 機材について
久々にカワセミの様子を見に都市公園に行きました。

f0055257_1665833.jpg


元気にエピを獲って食べていました。
D300+VR300F2.8+TC-17E2

f0055257_168573.jpg


f0055257_1691514.jpg


まだ体の色は綺麗ではありませんが、これからが楽しみです。

f0055257_6161024.jpg

セセリチョウ

f0055257_1612873.jpg


アオモンイトトンボ

f0055257_1612388.jpg


キアゲハ

f0055257_16152871.jpg


ヒメアカタテハ

VRサンニッパは野鳥も昆虫も撮れる万能レンズですね。
[PR]
by tenmontyunen | 2009-09-05 16:17 | 野鳥写真
先日、DX10.5で魚眼マクロ撮影の試写をした時にサブに
AF-SED300F4D+TC-14E2+D300を持っていきました。

f0055257_20191126.jpg


出だしから蜘蛛で申し訳ありません。(汗)

f0055257_20202936.jpg


アオマツムシです。
これを撮影した時は、近づけない場所でしたので、こういう場所で被写体を
見つけた時には超望遠マクロはとても有効です。

f0055257_20491725.jpg


撮影場所です。
木の橋から下りてはいけない場所です。


f0055257_20225827.jpg


f0055257_20231546.jpg


上がニホンカナヘビで下がニホントカゲです。
どちらも個体差はありますが、魚眼で撮るのは中々難しいことが多いです。

f0055257_20332765.jpg


この日は、オニヤンマの飛翔を魚眼接写したいと思っていたのですが
どうも今年はオニヤンマの数が少なく感じます。
見つけたオニヤンマをとりあえず撮って、もう一歩近づいて撮ろうと思ったら
逃げられました。
このような場合も、接写の出番がありません。(笑)

f0055257_20362913.jpg


オオシオカラトンボ

f0055257_2037345.jpg


キチョウの産卵しているところを見つけました。
まず望遠で撮って、魚眼で寄ろうとして逃げられました。
先日のキチョウの魚眼接写は別個体です。

まあ、私のより方が下手糞なのもありますが、魚眼接写の歩留まりは
悪いです。
しかし、望遠マクロには望遠マクロのよさがあるように、魚眼マクロには
魚眼マクロの魅力があります。
上手く撮れたときは、歩留まりから考えるととても嬉しいものです。

f0055257_20415411.jpg


ゴマダラカミキリ
これは、先日の魚眼マクロと同一個体です。

f0055257_2043025.jpg


コオロギの幼虫です。
これも近づけない場所でした。

これからは、寄りやすいアカネトンボの季節になりますから、頑張って魚眼マクロで
アカネトンボを撮ってみたいと思っています。
勿論、望遠マクロとの2本立てで。
[PR]
by tenmontyunen | 2009-09-03 20:45 | 昆虫写真