ブログトップ

天文中年の部屋

tenmontyu.exblog.jp

ニコンデジタル一眼レフによるネイチャー系写真と天体写真

カテゴリ:昆虫写真( 154 )

今日は、今週買ったばかりDX10.5の試写をしてみました。

f0055257_18361122.jpg


コガネグモ
この大きさに写すのに、レンズ前3センチくらいまで寄ります。

f0055257_18374378.jpg


セセリチョウ

流石に魚眼だからかなり寄っても、それ程大きくわけではないです。
一段絞っても、蝶の目にピントをこさせると、羽の全てにピンはこないです。
D90だからもっと感度が上げれるので、今度はISO800にして
F8くらいまで絞った方が良いかも知れないと思いました。

f0055257_18412812.jpg


早朝に行った池です。
アクティブDライティング使用

f0055257_1843345.jpg


今度は、アズチグモを撮ってみました。流石にアズチグモくらい小さいと
絵にならないですね。
1.5倍のテレコンを持ってくればよかったと思いました。

f0055257_18445734.jpg


キチョウを見つけた。
何匹も逃げられて、やっと逃げにくい個体に出会いました。
望遠マクロや望遠レンズに比べると、魚眼レンズでの撮影の
歩留まりはすごく悪いですが、虫に寄って行く過程がとても
楽しいですね。

f0055257_18484951.jpg


ゴマダラカミキリを発見!
私は、このカミキリムシがとても好きなので、沢山撮ったのですが
じっとしていないので、良いカットが撮れませんでした。
飛ぶ瞬間も撮ろうと思っていたのですが、カメラの設定を触っている間に
逃げられました、(笑)

f0055257_18514427.jpg


産卵も終わって力尽きたクマゼミが道の上に落ちていました。
まだ死んでいなかったので、バイクのシートに乗せて撮っていると
シートの上が熱かったのか、再び飛んでいってしまいました。
撮ったカットはこの一枚です。

f0055257_18551353.jpg


ウスバキトンボ
レンズから50センチちょっと離れていたように思いますが、撮れた写真は
遥か上空に居るように見えます。

f0055257_18564451.jpg


クマバチはおとなしいので蜂の中では寄りやすいタイプだと思います。

f0055257_18581393.jpg


自宅からそう遠くない高台からの景色
[PR]
by tenmontyunen | 2009-08-30 18:59 | 昆虫写真
今日は、朝からイタセンパラさんとミニオフ会で、ハッチョウトンボのフィールドに
行きました。

f0055257_20484747.jpg


フィールド近くには、マツモムシが居ました。

f0055257_20493971.jpg


その直ぐ側で、モノサシトンボ♂が居ました。
このトンボとても好きなトンボのひとつです。

さて、いよいよ、ハッチョウトンボのフィールドに移動です。
連日の雨のせいで、フィールドまでのわすがな距離の移動でしたが
泥濘が深くなっていて、長靴装備の私はいきなり膝まで・・・・(汗)
やはりウェーダーで望むべきでした。
悪戦苦闘して、50メートルほどの移動でフィールドに到着すると
私もイタセンパラさんも、汗だくのへとへとで・・・(笑)

f0055257_20552776.jpg


フィールドに着くとサギソウが咲いていました。
天然のサギソウは結構少ないという話で、滅多に撮らない花の写真も撮りましたが
白い花は露出が難しいです。
例に漏れず、バッチリ白飛びしています。(笑)

f0055257_20575695.jpg

f0055257_21132034.jpg


ハッチョウトンボの前に、オオシオカラトンボが居ました。

f0055257_2104883.jpg


雌の産卵を警護する、オオシオカラトンボ♂

f0055257_211616.jpg


さて、お待ちかねのハッチョウトンボですが、流石にシーズン終盤なのか
雌の姿がありませんでした。

f0055257_212444.jpg


雄だけで縄張り争いしている様子を観察していても、少し空しい感じがしました。

来年もまた会いにこようと思います。

本日の機材

D90+シグマ180マクロ+APOテレコン1.4EXDG
[PR]
by tenmontyunen | 2009-08-13 21:03 | 昆虫写真
今日の朝はまだ雨が降っていましたが、とりあえず室池方面へ出かけました。
8時過ぎには雨も上がって、いつもより涼しく気持ちの良い朝でした。

f0055257_16452370.jpg


葉の上に居たナナフシです。
こんな場所に居たら、折角の枝に擬態している体が何の意味も持たないのですが
そのおかげで直ぐに見つけることが出来ました。

D80+シグマ180マクロ

f0055257_1648018.jpg


他の場所にも居ました。
別個体です。

f0055257_1649276.jpg


イナゴ科のミヤマフキバッタだと思います。

f0055257_16515831.jpg


ツマク゜ロイナゴかなぁ

イナゴ科のバッタが結構沢山見ることが出来ました。
このバッタ、頭を抱え込んで悩んでいるみたいに見えて面白いですね。
結構、こういうポーズはよく見かけます。
触覚や目に付いたごみでも取っているのでしょうか。

f0055257_16545635.jpg


カミキリムシ
D80+シグマ180マクロ
内臓スピードライト使用

f0055257_16574276.jpg


ツマク゜ロイナゴ
D80+シグマ180マクロ
内臓スピードライト使用

f0055257_1723014.jpg


カタツムリ

f0055257_172583.jpg


ニホンカナヘビ
一応カメラ目線です。(笑)

f0055257_1734919.jpg


ヒメギス♀

f0055257_1742241.jpg


オオシオカラトンボ♂

f0055257_175199.jpg


イナゴの仲間って、やっぱり仮面ライダーにそっくりですね。♪
[PR]
by tenmontyunen | 2009-08-02 17:05 | 昆虫写真
今日も鬱陶しい天気ですね。

先週のポイントに朝から行きました。

f0055257_18154535.jpg


早朝はカワセミも来ないのでスズメの兄弟でも撮りました。(笑)

D300+AF-sVR600F4G

f0055257_18461146.jpg


勿論、しばらくするとカワセミも出てきてくれました。

f0055257_18471337.jpg
f0055257_18472261.jpg


モンシロチョウも撮りましたが、流石にロクヨンには不向きレンズです。(笑)

f0055257_19491447.jpg

f0055257_19505619.jpg


GX-100 内臓スピードライト
撮影の合間に、カミキリムシを見つけました、残念ながら私には同定できませんでした。
ちなみに、日本には300種以上のカミキリムシがいます。
[PR]
by tenmontyunen | 2009-08-01 18:48 | 昆虫写真
折角SB-900を手に入れたので、結婚式専用ではもったいないので、貧乏性の私は
スピードライトを使用した広角飛翔撮影を久しぶりにやってみようと思いました。

しかし中々上手くいかないので、105ミリの望遠端で結局撮りました。

f0055257_16375543.jpg


本当はオニヤンマで撮りたかったのですが、一頭しか見れませんでした。
勿論、かすりもしません。(笑)
仕方が無いので、草原に沢山飛んでいた、ウスバキトンボで試してみました。

普通、空抜けの写真だと、トンボは真っ黒になりますが、スピードライトのおかげで
見た目に近い状態で撮れます。

D90+AF28-105F3.5-4.5D+SB-900

f0055257_16445123.jpg


シオヤアブ

105ミリ D90+AF28-105F3.5-4.5D+SB-900

f0055257_1647898.jpg


アオスジアゲハの交尾
D90+AF28-105F3.5-4.5D+SB-900

f0055257_16482254.jpg


ニイニイゼミ♂
D90+AF28-105F3.5-4.5D+SB-900

f0055257_16485213.jpg


トックリバチの仲間

D90+AF28-105F3.5-4.5D+SB-900

オニヤンマはもう少し沢山いるポイントに行ってその内リベンジしたいと思っています。
しかし、ここ数年、私の近隣のフィールドのオニヤンマが少なくなってきているように
感じ゛るが少し気がかりです。

まあ、実質の使用感想としては、SB-600と比較して調光精度が随分良いように
思います。
最上機種ですから、フル発光後のチャージはSB-600より随分速いところは
流石と思いました。
[PR]
by tenmontyunen | 2009-07-26 16:51 | 昆虫写真
連休は嫁さんの実家に来ています。
こちらに来ると必ずいくのが、三木山森林公園です。
結構たくさんのトンボがいます。

f0055257_2118044.jpg


コシアキトンボのメスが産卵に来ました。
D90+シグマ180マクロEXDG

ちなみにレンズは新兵器です。(笑)
これからはタムロン180と二丁拳銃です。
シグマを買ったのは、まあ、新品が中古並の価格で買える価格だったことと
シグマのテレコンは1.4倍と2倍の2個持っていたので、180ミリより
長いワーキングディスタンスをとるためです。

f0055257_21231119.jpg


コシアキトンボ♂
D90+シグマ180マクロEXDG

f0055257_21244515.jpg


チョウトンボ
D90+シグマ180マクロEXDG

f0055257_21253330.jpg


タイワンウチワヤンマ
D90+シグマ180マクロEXDG

f0055257_21262922.jpg


ハグロトンボ
D90+シグマ180マクロEXDG

f0055257_21274435.jpg


D90+シグマ180マクロEXDG

f0055257_21282374.jpg


D300+AF-SED300F4D+TC-14E2
距離を稼ぐのにさらに長距離砲にバトンタッチしました。(笑)


f0055257_21292789.jpg


D300+AF-SED300F4D+TC-14E2

f0055257_21324436.jpg


D300+AF-SED300F4D+TC-14E2
ギンヤンマ

f0055257_21333116.jpg


D300+AF-SED300F4D+TC-14E2

最後の2枚のギンヤンマの飛翔はノートリです。
最後の1枚は少し大きめの画像でアップしました。
クリックするとよく見えます。
[PR]
by tenmontyunen | 2009-07-18 21:35 | 昆虫写真
私と、せんこーさんと、イタセンパラさんの3人でオフ会を行いました。

f0055257_19535369.jpg


ハッチョウトンボ♀です。

私も本物は始めて見ました。
500円玉くらいの大きさです。
このポイントには、イタセンパラさんにご案内いただきました。
結構、難所を通過するので、3人とも泥まみれになりました。(笑)

f0055257_19563970.jpg


これはハッチョウトンボの♂です。
カメラはD90+タム180マクロです。

f0055257_19573217.jpg


ハッチョウトンボの飛翔にチャレンジしましたが、惨敗です。
小さいのに結構飛ぶスピードは速いです。

f0055257_2020395.jpg


ハッチョウトンボの生息地は湿地帯で、ここのポイントにも食虫植物のモウセンゴケ
が沢山生息していました。

f0055257_202237.jpg


最後に
イタセンパラさんご案内ありがとうございました。
せんこーさん、遠いところからお疲れ様でした。
[PR]
by tenmontyunen | 2009-06-21 20:23 | 昆虫写真
今日は午後からマイフィールドでアオヤンマのリベンジ2に挑戦しました。

f0055257_1883948.jpg


ノシメトンボ♀未成熟
若いノシメトンボの雌を見つけました。
今朝、羽化したものかも知れません。

今日は昆虫用としては超望遠マクロ撮影が可能なニッコール
AF-SED300mmF4D+TC-14E2+D90です。
最短撮影距離1.45メートルで420ミリ(換算630ミリ)

f0055257_18124672.jpg


同じ個体の別カットです。

f0055257_18133130.jpg


本日のメインです。

f0055257_18271424.jpg

f0055257_18273152.jpg
f0055257_18274313.jpg


良く見ると、葉に産卵管を突き刺しています。

f0055257_18141827.jpg


距離が稼げるので、被写界深度はタムロン180マクロより有利ですね。♪

f0055257_18154113.jpg


産卵した卵が見えますね。

f0055257_1829124.jpg


シオカラトンボのカップル

f0055257_18293190.jpg


ヤマトシジミのカップル

f0055257_18351714.jpg


ウラギンシジミ
リコーGX-100

f0055257_1831397.jpg


さて、マイフィールドには、カワセミが戻って来ました、今年の子でしょうね。
おたまじゃくしを獲っていました。
まだ、狩はあまり上手ではないようです。

f0055257_1832338.jpg


お腹のオレンジ色がまだはっきりしていませんし、くちばしもまだ短いですね。
[PR]
by tenmontyunen | 2009-06-14 18:35 | 昆虫写真
昆虫撮影ではあまりD3を使わないのですが、アオヤンマの産卵のリベンジには
D3でチャレンジしてみました。

f0055257_19484546.jpg


今日は早朝と午後からのダブルヘッダーです。
キイトトンボです。
レンズはタムロン180マクロです。
いつもはAPS-Cの画角に慣れているので、このレンズも
フルサイズだとちょっと新鮮です。

f0055257_19505676.jpg


シオカラトンボ♂です。
やはり、フルサイズだと、同じ大きさに撮ろうと思うとその分よって撮らないと
だめなので、被写界深度のコントロールが難しいです。

f0055257_19523967.jpg


ホソミオツネントンボ♂

f0055257_19531529.jpg


ベニシジミ
タムロン180ミリマクロはD3とのマッチングは中々良いです。
元々薄いピントをさらに近づいて撮るのでさらに薄くなりますが
蝶のような被写体は比較的撮りやすいです。

f0055257_19555424.jpg


ハラビロトンボ♀
このトンボも春のトンボなので、そろそろ見納めです。

f0055257_19564682.jpg


池の方で、何か音がしたので、見てみると、ギンヤンマが墜落したようです。

f0055257_19575472.jpg


可哀想だったので、救出してやりました。
少し弱っていましたので、葉の上で休ませました。
その間に、複眼の大写しをとらせてもらいました。(笑)
まあ、命の恩人ですから、そのくらいは良いでしょう。(笑)

f0055257_201292.jpg


救出したのは、ギンヤンマの♀でした。
しばらく、ここで翅を乾かせていました。
10分ほどで少し元気になって飛んで行きました。
まだ、産卵する力が残っていれば、助けたかいもあるのですが。

f0055257_2033322.jpg


今日、羽化したシオカラトンボです。
翅の艶やかさがとても綺麗だと思います。

f0055257_2042911.jpg


さて、本命のアオヤンマの産卵です。
今日は、午後から良い天気になりましたので、絶好の産卵日和です。
案の定、沢山のアオヤンマが産卵を始めました。

f0055257_2062765.jpg


交尾飛行もワンチャンスありましたので、撮りましたが、フルサイズが仇に
なりました。
APS-Cならもう少し大きく撮れたと思います。

f0055257_208063.jpg


ギンヤンマの飛翔も撮りましたが、やはり飛翔撮影には少し焦点距離が不足しています。
もし、D3で、ギンヤンマの飛翔を狙うなら、手持ちのレンズではAF-S ED 300mmF4D
あたりなら何とかなると思います。

f0055257_20112024.jpg


ハラビロトンボ♂
被写界深度が足りていません。(笑)

f0055257_20122095.jpg


さて、再び、アオヤンマの産卵です。

f0055257_20132552.jpg


少しよりますと、とたんに被写界深度が・・・
絞りすぎると背景がうるさくなるので、絞りたくないのですが・・・

f0055257_2014498.jpg


ナナホシテントウを捕食しました。
開けた場所であれば、カメラポジションを調整できるので、浅い被写界深度も
特に問題ありません。
それにしても、アオヤンマの偽瞳孔はとても綺麗ですね。

f0055257_20174127.jpg


帰り際に、アオイトトンボを見つけました。
もう、アオイトトンボが出始めたのですね、もうじき梅雨の季節ですね。
梅雨の晴れ間には、ギンヤンマの産卵が見れるので、来週くらいは
見れるかもしれません。
[PR]
by tenmontyunen | 2009-06-07 20:20 | 昆虫写真
私のフィールドもトンボシーズンの最盛期を迎えました。

f0055257_21384971.jpg


トンボと言えば、私にとってはギンヤンマが一番好きですが、フィールドのギンヤンマも
まだ、数は少ないですが、見れるようになりました。
飛翔写真はチャンスが少なく、イマイチの物しか撮れてませんが
そのうちリベンジの機会があると思います。

今日の機材はD90+タム180マクロです。

f0055257_2142411.jpg


アマガエルが寝てました。(笑)
ストロボ炊いても、ピクリともしません、熟睡してるのでしょうか。(笑)

f0055257_21434469.jpg


アオヤンマがシオカラトンボを捕食して飛んで行きました。

f0055257_2144481.jpg


追いかけて、草葉の陰から葉っぱが被りつつ撮りました。

f0055257_21465822.jpg


アオヤンマの産卵です。
葉っぱの奥のほうで産卵するので、どうしても抜けません。(笑)

f0055257_2149654.jpg


産卵場所を移動するアオヤンマの雌
何とか、撮れたのがこのカットです。
これも当然被ってしまってます。
まあ、こういう場所で産卵するトンボですから仕方がないですね。

f0055257_22102851.jpg


アオヤンマの産卵を待っていたら、足元のスギナに産卵し始めました。(汗)
かがむと逃げられてしまいますので、そのまま動かずにゆっくりとカメラを
構えて撮りました。



f0055257_2151576.jpg


コシアキトンボもいます。
雄のパトロール飛行です。

f0055257_21521552.jpg


ショウジョウトンボ♂です。

f0055257_21532518.jpg


ショジョウトンボ♀です。

f0055257_21544211.jpg

f0055257_21545694.jpg


シオカラトンボ♀
産卵に忙しいようです。(笑)
このトンボは少々天気が悪くても活動してくれるので、ポピュラーなトンボですが
撮ることが多いです。

f0055257_21592568.jpg


吸水に来た、カラスアゲハ

f0055257_2234999.jpg


ニワハンミョウです。

f0055257_2241982.jpg


キリギリスの幼虫

f0055257_2252668.jpg


ヨツボシトンボてす。
翅に年季が入っています。
そろそろ春のトンボ達とはお別れのようです。

f0055257_227228.jpg


キイイトトンボ

f0055257_227459.jpg


フィールドの池にはメダカがいっぱいいます。
この時期は、たくさんの生き物が見れて飽きることがありません。
[PR]
by tenmontyunen | 2009-06-06 22:12 | 昆虫写真