ブログトップ

天文中年の部屋

tenmontyu.exblog.jp

ニコンデジタル一眼レフによるネイチャー系写真と天体写真

双眼鏡 ニコン モナーク8*42DCF

私の新しい双眼鏡、ニコン モナーク8*42DCFが本日入荷しました。♪

今までペンタックスの安価な双眼鏡ジュピター8*20MCFⅡを
使っていましたが、もう少し良いものと言うう事でこの双眼鏡を
購入しました。

f0055257_21593831.jpg


早速、物撮りしてみました。
使用カメラはリコーGX-100です。
ストロボ3灯撮影しましたが、いまいち質感が出てないですね。
物撮りは難しいですね。(笑)

この双眼鏡はもうすぐディスコンになり、新しくモナークX8.5×45
という製品が12月に発売されます。
実売価格は今回購入したモナーク8*42が25700円だったのですが
倍の5万円程度の実売価格の予定です。
見え味は勿論、新しいモナークXはかなり良くなっているという話ですが
まあ、以前の双眼鏡に比べれば十分明るく解像度もまずまずで
それなりに満足できそうです。
重さは710グラムと軽くはないですが、フィールドに持って出るのに
それほど苦にならない重さです。

最初はニコンのハイグレートも考えたのですが、撮影以外にも野鳥観察
もするのですが、どちらかというと見つけるとカメラレンズで観察している
場合が多いので安価なモナークにしました。
まあ、それでも従来の双眼鏡に比べれば、この双眼鏡であればちょっと
観察してみようなんて思えるのではと期待しています。

ニコンの双眼鏡は天体用に18年ほど昔に買った、7*50トロピカルIF防水型を
持っています。
この双眼鏡は天体専用に購入して現在も使用していますが1300グラムと
重く大きいのですが、とても見え味のすばらしい双眼鏡です。
ハイアイ化されて現在も発売されているとても息の長い商品です。

週末にはモナークを持ってフィールドに出かけるのが今から楽しみです。
[PR]
by tenmontyunen | 2008-11-19 22:18 | 機材について