ニコンデジタル一眼レフによるネイチャー系写真と天体写真


by tenmontyunen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

久しぶりの天体観測は、

みなさん、こんにちは、天文中年です。

久しぶりに天体観測に行ってきました。

で、結果は昨日行かずに、今日いけばよかった、、、(爆)
って、今日はものすごくいい天気です。(笑)

というのも、昨日は雲との戦いでした。(汗)

昨日、仕事が終わってから9時くらいに用意して観測地へ行きました。
兵庫県と京都府の県境にある瑠璃渓です。
阪神高速で自宅から約1時間半程度です。

現地には11時ごろ到着しました。
ところが、うす雲が広がっていて、星があまり見えません。(汗)

で、とりあえず望遠鏡をセッティングしました。

f0055257_19205952.jpg


カメラ  D80
レンズ  AF-N300ミリF2.8sです。自作延長フード付です。♪
赤道儀  ビクセンSP-DX型+マルチプレート+一軸モーター
ガイド鏡 ミザールGT-68

ガイド鏡はあくまでも極軸セッティング精度確認のためで
実際は完全にノータッチガイドです。

f0055257_19214387.jpg


スバルです。メシエナンバーはM45、プレアデス星団とも呼ばれてます。
露出は69秒です。
本当は5分くらいの露出をかけたかったのですが、すぐに雲がかかるのと
かなりもやのかかった星空で、折角のサンニッパの実力を発揮できません
でした。(涙)

f0055257_19225267.jpg


オリオンの大星雲です。
これも、露出時間が108秒でこれも露出不足です。
露出時間が中途半端なのは途中で雲が出てきて中断しました。
これも、空の状態が悪かったので、今度良い状態の空で撮りたいと
思いました。

星像はさすがニコン純正です。
結構切れのある星像で満足してますが、若干ピンが甘いです。
これは、次回ノートパソコンで撮影画像のピントチェックしながら
撮影すれぱっ、もう少し追い込むことができると思います。

f0055257_19392665.jpg


で、そうこうしている内に午前2時もすぎて、一面に雲でまったく星が見えなくなりました
3時まで待っても天候が回復しないので、望遠鏡を撤収しました。

すると、↑いきなり、雲が切れて、快晴に、、、、(笑)

また、極軸セッティングしてたら1時間くらい無駄になるので
D70+トキナー12-24F4で、星野撮影しました。
オリオン座とその周辺の冬の星座です。


f0055257_19441396.jpg


北天にもカメラを向けました。
で、カシオペア座とおおぐま座の北斗七星が見えてます。

で、皆さん、どれがカシオペア座とおおぐま座の北斗七星かわかりますか。?

f0055257_19505275.jpg


答えです。
これは、結構有名ですから、わかる人多いですよね。♪
[PR]
by tenmontyunen | 2006-10-21 19:51 | 天体写真