ブログトップ

天文中年の部屋

tenmontyu.exblog.jp

ニコンデジタル一眼レフによるネイチャー系写真と天体写真

週末、天気になあーれ!

ここのところ、週末になると、すっきりしない天気が多いです。
トンボ達は、ある程度日が差してくれないと、活発には
飛んでくれません。

f0055257_603184.jpg


ヤマトシリアゲ♂
D300+VR300F2.8+TC-17E2

f0055257_624817.jpg


ハラビロトンボ♂
D90+タムロン180マクロ

f0055257_64238.jpg


ギンヤンマの羽化殻

f0055257_6113385.jpg


クロイトトンボ♂

f0055257_6121289.jpg


ヒメジャノメ♂

f0055257_6144494.jpg


この手の蛾は、形がステルス型爆撃機みたいでかっこいいですね。

f0055257_616390.jpg


正面から見ると、ぜんぜん違ったイメージになります。

f0055257_616544.jpg


アップすると結構ユニークな顔しています。

f0055257_6175322.jpg


さらにアップすると、複眼の儀瞳孔がこの蛾の顔をユニークに見せている
一因だと思います。

f0055257_6202232.jpg


アオモンイトトンボ ♂♀

f0055257_6211875.jpg


アオモンイトトンボの複眼写真です。
等倍マクロレンズだとこの辺が限界です。
ちなみにこの写真はピクセル等倍のトリミングです。

f0055257_6232335.jpg


f0055257_6235734.jpg


ヤマトシジミ

f0055257_6243065.jpg


コガネムシ

内臓スピードライトを使いました。
180ミリのマクロレンズはワーキングディスタンスがとれるので
内臓ストロボでも蹴られることが少なくストロボ内蔵の一眼レフ
との相性がとてもよいです。

f0055257_6271026.jpg


ホソミオツネントンボ♂

f0055257_628140.jpg


クロイトトンボ♀

f0055257_6281871.jpg


f0055257_6284553.jpg
f0055257_6285349.jpg
f0055257_629117.jpg


曇天でも良く飛んでくれるのは、クロイトトンボです。
イトトンボの飛翔は180ミリでは長すぎますね。
100ミリクラスが撮りやすいと思います。
[PR]
by tenmontyunen | 2009-05-28 06:30 | 昆虫写真